忍者ブログ

世間ゴク一般的な聖人和讃

★世間には、【おつとめ】とかでの和讃は、イロイロと違うのが称えられてますが、 どのようなのを称えようが、             【 何も違いは、ありません。】そこで!  ひろく広まっているのを、のせておきますので、活用して下さい。                            要は、                                                    【信心】だけが重要になりますヨ!。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつでも、後に私は【領生文】です。

★これは、【念仏】称えさせてもらってる気持ちとして、おつとめもですが、コレも毎日、【仏法】の後にはです。

私は、この社会での
念仏以外の行にたよったり

自力のはからいをもって念仏を称える
行はふりすてて
一心に阿弥陀如来の救いにおまかせ
させていただいています。
 このたのむ一念の時 往生浄土
決定して如来は必ず救ってくださると
承知して今後の念仏はご恩に報いる
行であると喜び申しております。
この「信心正因 称名報恩」の道理の
聴聞できる事も開祖 親鸞聖人が
世にお出まし下さったおかげ
また代々、み教えを受けついでお勧め
下さった門主方のおかげであると
ありがたく存じております。
このように念仏称える身となったからには、さだめられたおきてを
生涯守り通す所存であります。
PR

プロフィール

HN:
光明
年齢:
49
性別:
非公開
誕生日:
1969/02/20

聖人 和讃 ブックス



●人身受け難し、今已に受く
仏法聞き難し、今已に聞く
この身今生に向って度せずんば、
さらにいずれの生に向ってか、
この身を度せん。

【正信偈 絵物語 光になった王子さま・・・】


正信偈62講―現代人のための親鸞入門

最新CM

バーコード

ブログ内検索

P R