忍者ブログ

世間ゴク一般的な聖人和讃

★世間には、【おつとめ】とかでの和讃は、イロイロと違うのが称えられてますが、 どのようなのを称えようが、             【 何も違いは、ありません。】そこで!  ひろく広まっているのを、のせておきますので、活用して下さい。                            要は、                                                    【信心】だけが重要になりますヨ!。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎日の【おつとめ】の中でも、言葉の意味も考えてみました。

・なーもーあーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
  なー                          
・阿弥陀如来が仏の悟りを開かれてから
 すでに、十劫という長い年月を過ごされました。
 以来、今も仏身の発する光明は
 世の中の至るところ、てらします
 なーもーあーみーだーぶー
 なーもーあーみーだーぶー
 なーもーあーみーだーぶー
 なーもーあーみーだーぶー
 なー
・如来の知恵の光明 限りがない
  有量の世間に住む我々は
光明を、さまたげるものは、ない
  真実な如来に帰命せよ
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーも
・あーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なー
・如来の光明は、無際限である
この光明に、ふれるものは、みな
うむ を はなれることができる
びょうどうの仏のさとりに帰命せよ
 なーもーあーみーだーぶー
 なーもーあーみーだーぶー
 なーもーあーみーだーぶー
 なーもーあーみーだーぶー
 なー
・光をさえぎる雲でも一切すべて
 弥陀の救いに さわりなし
 仏の光明に我々を救わない事は一切なき
  思いやはからいは、なき きみょう せよ
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
・なーもーあーみーだーぶー
  なーもーあーみーだーぶー
 なーもーあーみーだーぶー
 なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なー
・如来の光明に何もくらべるものはなし
  如来の本願を信ずる身となるから
  一切の迷いの世界がのぞかれて
  究極のよりどころとなる如来に 帰命 せよ
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なーもーあーみーだーぶー
なー
・光明照らし輝かす仏の最大の第一位
  光えんのう仏と呼ばれている
  三悪道に苦しい迷いの世界のものも
供養うけるに ふさわしい仏を きみょーせよ
 
願わくは この功徳をもって
すべての人々に等しく施し
同じく菩提心をおこし
安楽国に・往生・します・


コレは【ご和讃】ですが、はじめの言葉の【正信偈】も
                         
  毎日正信偈クラブ
PR

プロフィール

HN:
光明
年齢:
49
性別:
非公開
誕生日:
1969/02/20

聖人 和讃 ブックス



●人身受け難し、今已に受く
仏法聞き難し、今已に聞く
この身今生に向って度せずんば、
さらにいずれの生に向ってか、
この身を度せん。

【正信偈 絵物語 光になった王子さま・・・】


正信偈62講―現代人のための親鸞入門

最新CM

バーコード

ブログ内検索

P R